製品によって太陽光パネルの品質は異なりますか?

もちろん異なります。

太陽光パネルも自動車や電化製品と同じように、細かな材料や部品、製造方法はそれぞれメーカーによって異なるため、同じ単結晶シリコンを原材料とする太陽光パネルでもその性能や性質は異なってきます。

ある製品が一定の品質を保っているかどうかの基準として、国内の工業規格や国際規格、第三者機関による認証を受けているかで判断することが可能です。 代表的なものとして、一般財団法人電気安全環境研究所が行うJETPVm認証やテュフラインランド社が行うTUV認証があります。

JET認証 TUV認証

JETPVm認証では、太陽光パネルが適用試験基準に適合しているかどうかだけでなく、製造する工場の品質管理体制や規格適合性試験等の的確性の確認なども行われます。

認証後も適用された規格・基準に適合した製品を、継続的に製造できる能力を維持管理していることの確認が行われるため、JETPVm認証を取得している製品は一定の品質を保っていると言えるでしょう。

補助金制度の対象機器条件としてJ-PECや多くの自治体では、この認証を取得した太陽光パネルであることと定めています。

TUV認証では、国際電気規格であるIEC規格に準拠した試験が行われます。その認証基準はJETPVm認証よりも厳しく、 約30項目にも及ぶ試験項目があるため、TUV認証を取得しているということは世界基準の製品であると言えます。