経済的メリット以外にどのようなメリットがありますか?

遮熱効果や、防災性能の向上が期待できます。

固定価格買取制度やグリーン投資減税などの法整備が進み、その採算性が確立された産業用太陽光発電ですが、経済的メリットのみならず、様々な副次的効果も期待出来るとされています。

屋根に太陽光パネルを設置した場合、太陽光パネルが遮熱板として機能することで室内温度の上昇を防ぎ、夏場の空調負荷を軽減することが出来ます。

建築技術の進歩もあり、現代の建物は密閉性が高く熱が逃げにくい構造となっているため、この効果は非常に大きなメリットと言えるのではないでしょうか。 新エネルギー財団のデータによると、設置前と設置後では野地板の表面温度に10.92℃の違いが現れ、夏は涼しく、冬は暖かくなることが判明しています。

太陽光パネルの遮熱効果

風雨や紫外線といった直接劣化に繋がる原因から屋根材を保護することで、防水工事や葺き替え工事の期間を長くすることができるため、建物の維持管理費の低減などの恩恵も得られるでしょう。

環境保全活動の一環としても、産業用太陽光発電は良い影響をもたらしてくれます。近隣地域への環境啓発活動や、環境教材の実教材としても十分な効果を発揮するでしょう。