全量買取制度とは何ですか?

発電した電力は全て買い取られるという買取方式の一種です。

2012年7月よりスタートした固定価格買取制度には、2種類の買取方式が存在します。

一つは、10kW未満の住宅用太陽光発電システムが対象となる「余剰買取方式」。 余剰買取方式では、発電した電力から自家消費分を差し引いて、余った電力(余剰電力)が対象となります。

もう一つは10kW以上の産業用太陽光発電システムが対象となる「全量買取方式」で、 全量買取方式では、発電した電力全てが買取対象となり、施設内で使用する電力は別途電力会社から購入する必要があります。

固定価格買取制度

電力の買取費用には太陽光サーチャージというものが充てられており、これは法人・個人を問わず、全国の需要家から30円~100円程度の範囲で毎月の電気料金と併せて徴収されています。