システム稼働後の操作は必要ですか?

必要ありません。

太陽光発電システムは基本的に自動運転であるため、何も特別な操作は必要ありません。

太陽光発電システムでは、太陽の光を受けると自動的に運転を開始し、太陽が沈めば自動的に運転を停止します。 また、一部のパネルで著しい発電量の低下があった場合はそのストリングをバイパスすることや、送電時などで電圧や周波数が不安定な場合には、自動的に系統から切り離すといったことも、自動で行われています。

ちなみに、パワーコンディショナを自立運転モードにして使用する際は、メーカー指定の操作手順にしたがって操作を行う必要があるため、注意が必要です。
(自立運転機能を備えている場合)