WとWhの違いは何ですか?

Wは電力、Whは電力量を表す単位です。

太陽光発電について調べていると、WとWhという単位が多く見受けられますが、これらの単位には一体どういった違いがあるのでしょうか。

ワットは電力の大きさを表す単位で、太陽光発電システムのシステム容量が50kWの場合、適切な条件下だとそのシステムは1時間で50kWhの電力を発電する能力があるということを意味します。

ただし、設備容量分の発電量が必ずしも期待出来るとは限らず、実際の設置状況やパワーコンディショナでの電力変換ロス、太陽光パネルの温度上昇による損失などを考慮すると、実際の発電量は多少少ない値となります。

一方、ワットアワーは電力の量を表す単位で、太陽光発電の分野においては発電量を表す際に用いられます。