導入する人を対象とした融資などはありますか?

自治体や金融機関が行う融資を活用することが出来ます。

産業用太陽光発電システムを導入するには、多額の費用が必要となります。 設備容量が大きくなればなる程、掛かるコストも必然的に高額となり、その資金をどう調達するのかが大きな課題と言えるでしょう。

メガバンクなどが行う融資は審査が厳しく、小中規模の法人では信用情報や担保の価値から、融資を受けることは非常に難しいとされています。

対照的に、都市銀行や地方銀行は積極的に融資を行っています。 これら中堅銀行は、一般的な融資形態だけでなく、プロジェクトファイナンスやABL方式の取り組みによる融資も行っており、比較的小中規模の法人でも融資を受けやすいとされています。

「プロジェクトファイナンス」とは、事業の採算性を分析し、その返済原資を対象となるプロジェクトのキャッシュフローに限定するという融資形態のひとつで、 巨額の費用が必要となるエネルギーやインフラ分野においての資金調達手段として多く用いられています。

「ABL方式」とは、企業の事業そのものに着目し、事業に基づくさまざまな資産の価値を見極めて行う融資形態の一種で、動産や売掛債権が担保対象となります。 産業用太陽光発電の分野においては、発電システムと売電収入が担保となり、現在では徐々に浸透しつつあると言えるでしょう。

より詳細な説明は「産業用太陽光発電基礎知識 - 資金調達と投資回収について」をご覧下さい。