工場で太陽光発電を行うメリットは何ですか?

工場立地法対策として大きな効果を発揮します。

2012年に法改正が行われ、工場立地法において太陽光発電システムは「緑地以外の環境施設」として認められたことにより、 これにより、工場屋根や倉庫屋根に太陽光発電システムを設置することで、空いた敷地に生産施設を増設するなどの土地の有効活用が可能となりました。

「工場立地法」とは、工場立地が周辺環境との調和・保全を図りつつ適正に行われるよう、一定規模以上の工場の敷地利用に関し、生産施設、緑地、環境施設の面積率が定めた制度で、 製造業、電気・ガス・熱供給業者(水力、地熱及び太陽光発電所は除く)が対象業種となり、敷地面積9,000平方メートル以上又は建築面積の合計が3,000平方メートル以上の工場が対象となります。

敷地面積に対する生産施設の面積率は、業種の区分により30%~65%の範囲で変化しますが、緑地面積率は20%以上、環境施設の面積率は25%以上というように定められています。

屋根に設置した場合は太陽光パネルが遮熱板として機能することにより、工場内の温度上昇を和らげたり、空調不可の軽減といった効果が期待できる他、 近隣地域への環境啓発やアピールとしても有効といえるでしょう。

より詳細な説明は「産業用太陽光発電基礎知識 - 工場立地法について」をご覧下さい。