天候によって発電量に影響が出ますか?

大きく影響が出ます。

太陽光発電は、その名の通り太陽光があって初めて発電することが出来ます。そのため、曇天や雨天の時には当然ながらあまり多くの発電量は期待できません。 快晴時の発電量を100%とすると、曇天時は40%~60%、雨天時は12%~20%程度まで発電量が落ち込むと言われています。

雪の場合は、積雪量によって発電量は大きく異なります。 光が届くわずかな積雪量であれば、太陽光パネルが持っている熱で融雪作用が期待できますが、光が届かないほどの降雪量であれば当然ながら発電は不可能となります。 そのため、降雪地域では雪が自然と滑り落ちる角度などを考慮して太陽光パネルを設置しなければならないため、ある程度のノウハウが必要となるでしょう。

また、季節によっても発電量には違いが現れます。

日本の気候特性は温帯であるため、はっきりとした季節の変化があります。季節の時期によって発電量の多少はどう推移するのでしょうか。

年間発電量の推移

産業技術総合研究所(AIST)が発表したデータによると、日照時間の短い冬場は発電量がいまいち伸びず、春先から夏前にかけて、もっとも発電量が多くなっています。 また、真夏になると発電量が低下することが伺えますが、これは結晶シリコン型太陽光パネルの特徴であると言えるでしょう。

太陽光パネルにも「温度係数」というものが存在しており、これは太陽光パネルの性能を測定する際の準温度25度から、温度が1度上昇あるいは低下した場合の出力の変化率を指します。

一般的な単結晶シリコン型でおよそ-0.45%/℃、CIS型で-0.33%/℃、HITで-0.3%/℃程度とされていることから、真夏に太陽光パネルの本体温度が70度に達した場合、 結晶シリコン型でおよそ20.25%も出力が低下することがわかります。

計算式:(70℃-25℃) × -0.45% = -20.25%

最大出力250Wの太陽光パネルであれば、およそ50Wも出力が低下するということになります。

太陽光パネルの温度係数

そのため、猛暑が襲う地域ではCIS/CIGS型あるいはHIT太陽電池を選択肢として考慮することも、ひとつの有効な手段と言えるでしょう。