産業用太陽光発電システムの寿命はどれくらいですか?

20年以上と言われています。

産業用太陽光発電システムは複数の機器から構成されているため、一概に何年ということは言えません。

一般的に、太陽光パネルは可動部が少ないため故障が少なく、耐久性の高い機器であるとされています。 政府は減価償却する際の基準値として法定耐用年数を17年と定められていますが、あくまで基準値に過ぎず、実際の寿命は20年以上に及びます。 これはメーカーのモジュール出力保証が20年や25年といった期間であることからもわかるように、経年劣化による出力低下はあるものの、それだけの期間は継続して使用できると言えるでしょう。

太陽光発電システムの寿命

太陽光パネルの劣化について考察する際に、キーワードとなるのがセルなどを酸化や不純物、水分などから守る封止材です。 多くの封止材ではエチレン酢酸ビニルが用いられていますが、エチレンに酢酸ビニルを結合させた構造であるため、加水分解によって生成された酢酸が劣化原因となっていることが有力な説となっています。

以下は、産業技術総合研究所と筑波大学が行った「各種太陽電池の長期曝露試験による出力劣化特性評価」を基に、太陽光パネルの種類ごとの出力低下率を表したもの。

太陽電池の年間性能低下率

産業用の分野では、この出力低下に加えてPID現象のリスクもあるため、パネル選定時には耐性を含めた初期特性をよく調べておきたいものです。

太陽光パネルと同様に太陽光発電システムの重要な要素となるパワーコンディショナの寿命は製品によるものの、10年~15年程度という期間で太陽光パネルと比べると短くなります。

一般的に半導体の寿命が10年~15年程度といわれているため、太陽光パネルよりも先に交換の必要が出てくることが理由とされています。