リクシル 産業用太陽光発電

未来の屋根に求められる
性能を考えたカタチ

モジュールメーカー リクシルについて

リクシルソーラー LIXILエナジーは2010年に設立されたLIXILグループの子会社の一つで、住宅用の太陽光発電システムの販売を手掛けています。

LIXILは住宅用建材などでよく名前を聞くトステム・INAX・新日軽・サンウエーブ・東洋エクステリアなど5社を経営統合して発足した会社で、現在もそれぞれの社名はブランドとして残されています。

太陽光発電システムのラインアップは、「ソーラーラック」「ソーラールーフ」「ソーラーベース」「ソラエルⅡ」などがある。

専用架台が充実しさまざまな環境でも設置可能

ソーラーベース 折板タイプや柱建てタイプなどに対応した「ソーラーベース」では、地上や様々な屋根、高さ制限のある地域にもフレキシブルに対応。太陽光発電システムを支える架台はアルミ素材で軽く、サビにくいため、永く美しい外観を保ちます。また、軽量性については、同仕様のスチール製架台と比べ重量は約1/3なので、建物等に負担をかけません。建物デザインを生かしたい陸屋根建築や、強風の恐れがあるビル屋上にも最適です。

発電効率の高い単結晶セルを採用

ソーラーパネルのセルには、単結晶と他結晶があります。ソーラーラックのソーラーパネルは、多結晶に比べ、結晶欠陥がほとんどなく、単位面積あたりの性能が最も優れた単結晶を採用しています。さらに太陽電池(セル)の面積効率を向上させるために、円形のセルの四辺を落とした形状としています。

未来進化系屋根スタイル

太陽光発電システムを一体化した屋根材「ソーラールーフ」は、デザイン性、雨漏り対策なを工夫し、従来の屋根置き型のデメリットをすっきり解消。安定した発電能力の維持、屋根材としての基本性能の向上も実現しました。さらに施工性やコストパフォーマンスも追及。待望の発電をする屋根です。モジュールがそのまま屋根材も兼ねるので、他の屋根材が不要です。全面葺きと張分けの2タイプがあります。

ページのTOPへ

国内主要モジュールメーカー

その他のモジュールメーカー