グリッド 産業用太陽光発電

過酷な条件で力を発揮するタフな性能

モジュールメーカー グリッドについて

グリッドの製品はグローバルな部材調達ネットワークならびに提携工場にて最新鋭のオートメーション化された製造ラインのもと、独自の厳しい品質チェックにより品質と価格両方の最大化を実現しております。

また、当社は日本のメーカーとして日本の全ての住宅に「太陽光をもっと身近に」安心して設置いただくことを企業理念とし、日本の住環境や気象条件を第一に考慮して国際認証基準で耐風圧荷重が一般メーカーで2400Paのところ、5400Paと高い強度設計にしております(プライベートテストでは当社基準で7000Pa)。

耐風圧荷重に優れた品質

国際認証基準で耐風圧荷重が2400Paのところ、5400Paと高い強度設計に耐えれる仕様なので2倍以上の強度を持ち、マンション屋上などの高所や強風地域、積雪地域、高所への導入でも性能を発揮します。
さらに、表面のガラス厚が一般標準品が3.2mmに対し、グリッドのモジュールではガラス厚が4mmと、よりモジュールの強度と安全性を高めています。フレームではエッジ部分を特殊構造により、フレームの強度を高めています。

最大垂直積雪2.50mまで耐えうる強度

雪が積もってしまうと、もちろん発電量は下がってしまいます。雪が頻繁に積もるような地域では、通常よりもモジュールの傾斜の角度を急にし、約35度~40度にして施工を行います。太陽光発電パネルは表面が滑らかな為、雪が滑り落ちる構造になっていますので、その効果と斜角の効果とで多少の雪では問題ありません。ですが積雪地域だと、一時的にも積もる可能性を考慮して耐久性も考慮してモジュールを選択することをおすすめします。
グリッドの太陽電池モジュールは表面のガラスを強化し、中の電気回路の故障を防ぎます。また、専用の架台も開発しているので、積雪地域にも強い強度が期待できます。

従来設置できなかった強風エリアにも対応

耐風圧荷重試験には太陽電池モジュールの表側から風をあてる正圧試験と、裏側から風をあてる負圧試験とがあります。
強風で怖いのは、表側からの正圧ではなく裏側からの負圧とされています。通常、設置された太陽電池モジュールの裏側には風が入りこみ、下から巻き上げられる圧がかかります。特に高所で太陽電池モジュールを設置する際は、強風を視野に入れ、計画段階から十分に注意する必要があります。
これまで一般的な耐風圧荷重2400Paの太陽電池モジュールでは、強風エリアへの設置が制限されていましたが、グリッドの太陽電池モジュールは正圧・負圧ともに耐風圧荷重5400Paを誇り、強風エリアの設置に非常に適した製品になっています。

ページのTOPへ

国内主要モジュールメーカー

その他のモジュールメーカー