産業用太陽光発電用語集

余剰電力(よじょうでんりょく)

自家発電システムで作られた電力から、自家消費した電力を引いて余った電力のこと。
余剰電力は電力会社に売ること(売電)ができます。

余剰電力

今まで売電の単価は通常電気を購入する単価と同額でしたが、2012年にスタートした固定価格買取制度の影響もあり、優遇された価格設定になりました。

電力会社は、電気を利用している全ての人々から広く浅く「太陽光サーチャージ(太陽光発電促進付加金)」を回収し、これによって得た収入を電力の買取費用に充てています。

余剰電力を電力会社に売るためには、電力会社の送電網に接続する系統連係という作業が必要になります。 太陽光発電システムを設置したら、今すぐにでも余剰電力を売電したいという気持ちはよくわかります。 しかし、系統連系を済まさずに発電を開始してはいけません。

電気は、水と同じように高いところから低いところへ向けて流れます。太陽光発電システムでは発電した電気を送電するために、電線を流れている電気の電圧よりも少し高めに電圧が調整されており、 余った電気は勝手に電線に流れ出てしまいます。

電力会社の電気との調整をしっかり取ることができなければ、近隣のご家庭に発電した電気が流れていってしまい、不慮の事故に繋がる恐れが出てきます。

「太陽光発電システムは系統連係が完了するまで開始できない」という事を覚えておきましょう。

関連用語