産業用太陽光発電用語集

単結晶シリコン型(たんけっしょう しりこんがた)

単結晶シリコンを原材料に製造される太陽電池のこと。

最も古くから存在する太陽電池ですが、年月とともに技術開発が進み、今では多結晶シリコン型を始め、化合物系や薄膜シリコン型など、様々なタイプの実用化が進んでいます。

単結晶シリコン型

単結晶シリコン型太陽電池は、多結晶シリコン型太陽電池と比較すると変換効率(太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換する効率)が高く、耐久性が高いことが特長です。

一方で、高純度のシリコン結晶を大量に使用するため、製造コストやそれにかかるエネルギーは他のタイプと比べると高くなるのが一般的です。

結晶シリコン系太陽光パネルは、パネル本体が高温になると電圧が低下し、変換効率も低下するという欠点があり、多結晶シリコン型は単結晶シリコン型と比較すると純度が落ちるため、よりこの影響を受けることになります。

設置する地域に応じて最適な太陽光パネルは異なってくるため、施工店やEPC事業者の提案を加味しつつ、慎重に選定する必要があるでしょう。

単結晶シリコン型の派生で、パナソニックが製造販売を行うHIT太陽電池というものも現れています。 HIT太陽電池は、単結晶シリコンにアモルファスシリコンを組み合わせたハイブリッド構造が用いられており、優れた温度係数と変換効率を持つことから、住宅用太陽光発電システムで圧倒的なシェアを誇っています。

関連用語