産業用太陽光発電用語集

太陽光発電(たいようこうはつでん)

太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換する太陽電池を用いて発電する方式のこと。

太陽光発電

地球温暖化対策や、化石燃料の枯渇、エネルギーの安定供給・確保が世界的に重要な課題となっている昨今、 無尽蔵な太陽光エネルギーを利用し、クリーンに安全に発電することが出来ることで高い注目を浴びています。

製造時には当然エネルギーを必要としますが、発電には一切の燃料を必要とせず、温室効果ガスを排出しないので大気汚染の心配もありません。

従来は長期的に電力供給する必要のある宇宙空間や、小型電子機器の電源として利用されてきました。近年では、住宅用のみならず、メガソーラーをはじめとした産業用途でも普及が進んでおり、年々勢いを増しています。

日本政府は太陽光発電の導入目標として、2020年に約2,700万kW、2030年には約5,300万kWを掲げており、今後の技術の進展や普及の拡大が期待されています。

関連用語