産業用太陽光発電用語集

太陽光パネル(たいようこう ぱねる)

太陽光パネル

複数の太陽電池セルを直列接続し、必要な電圧と電流を得られるようにしたパネル上の製品のこと。

ソーラーパネル、太陽電池モジュールとも呼ばれます。

太陽光パネルは、太陽の光エネルギーを受け電気エネルギーを発生させます。一枚の太陽光パネルの出力は、およそ70~250Wに収まり、これは原材料の種類によって異なります。

太陽光発電システムの規模を語る際に用いられる最大出力は、接続した太陽光パネルの最大出力の合計の値のことで、例として200Wのパネルを20枚用いてシステムを構成した場合、そのシステムの最大出力は200W×20枚=4,000=4kWになります。

太陽光パネルを設置した分だけ多く発電できる事に間違いはありませんが、産業用太陽光発電の分野においては、導入目的や事業計画、予算を考慮し、規模を決定しなければなりません。

住宅用の場合はあまり多くの設置面積を確保できないため、変換効率の高い太陽光パネルが選択される傾向がありますが、産業用の場合は採算性の問題からコストパフォーマンスに優れた太陽光パネルが選択される傾向にあります。

関連用語