産業用太陽光発電用語集

デマンドレスポンス(demande response)

消費者が利用量を変動させて、電力需給のバランスを一致させること。

デマンドレスポンス

一般的に電力需要は昼間に多く、夜間は少なくなります。電力会社は、季節や時期に応じて発電所の稼働率を調整することで、これらの需給バランスを保っています。 そこにデマンドレスポンスが導入されると、市場メカニズム(*1)を通して需要カーブが調整されるようになります。

具体的には、ピーク価格や時間帯別料金といった形で、需要ピーク時に電力料金を高くし、消費者が料金の安い時間帯に電気を使うように促すといった方法や、ピーク時に使用を控えた消費者に対し対価を支払うなどの方法で使用抑制を促す方法があります。

新幹線や飛行機、観光地のホテルなどでは、大型連休や年末年始の繁忙期に料金を高くすることで閑散期の利用を促しています。 これは価格調整によるデマンドレスポンスと同じような仕組みと言えます。

近年の日本では4都市で実証実験が行われており、今後のHEMSの普及とともに、このデマンドレスポンスの仕組みも普及していくのではないかと言われています。

関連用語