産業用太陽光発電用語集

三相交流(さんそうこうりゅう)

電流または電圧の位相を互いにずらした3系等の単相交流を組み合わせた交流のこと。 同じ電圧の3つの単相交流を、1/3Hzずつ(120度)時間をずらして発電していくように組み合わせています。

三相交流

電機機器の中でも最も需要の多いジャンルの一つであるモーターを例にすると、単相交流の場合は180度回りきったところで新しい電圧がスタートするため滑らかにモーターを回すことが出来ません。

一方で三相交流の場合、180度回り切らないうちに次の電圧がかかるため、元の電圧に次の電圧がプラスされることとなります。
そのため、滑らかにモーターを回すことが出来る上、安定的に電圧を維持することが可能となります。

また、送電の面でも三相交流は有利に働きます。単相では送電していない瞬間、ゼロポイントが存在するのに対し、三相交流は前述した通りゼロポイントが発生しません。

関連用語