産業用太陽光発電用語集

折半屋根(せっぱんやね)

金属屋根の代表的な屋根工法の一つ。
主に断面の構造に重点を置いて開発されたもので、工場やカーポート、車庫などの鉄骨の建物に多く使われています。

折半屋根

折半屋根は、重ね式とハゼ式の二種類に分けられます。

重ね式は折半と折半の重なり合う部分をタイトフレームの剣先ボルトで締め付け固定する方式である一方で、 ハゼ式は折半本体の接合部分にハゼと呼ばれる加工を施し、タイトフレームと折半本体を吊子と呼ばれる金具で固定する方式を指します。

折半屋根の特長として、他の屋根と比べて、大幅に長さを長くすることが出来ることが挙げられます。 トラックで運搬できない場合は機械そのものを建設現場へ持ち込み、成型しつつ屋根を葺くといったことも出来るため、体育館や工場、展示場など幅が広い建物で有効な工法とされています。

折半屋根に太陽光発電システムを設置する場合、詳しくは重ね式とハゼ式で異なるものの、どちらも屋根の剣先ボルトやかみ合わせ部分を活用して取り付けられます。

関連用語