産業用太陽光発電用語集

スマートグリッド(smart grid)

家庭やビル、交通システムなどをITネットワークで結び、地域で電力を管理する次世代のエネルギーネットワークシステムのこと。

スマートグリッド

電力需要が増え続ける現代、化石燃料への依存脱却や地球温暖化対策が世界的に重要な課題となっている昨今、 太陽光や風力などの再生可能エネルギーを最大限活用し、社会全体で電力を効率よく利用していくことが求められています。

それらを実現させるのが家庭やビル、交通システムをITネットワークで繋ぎ、地域で電力を有効活用することを「スマートグリッド」と言われています。

日本の電力網では電力需要をリアルタイムに、正確に把握しながら需給を細かく制御することが難しいとされています。 東日本大震災発生直後では、電力需要のピークが供給能力を上回りそうになると、計画停電を起こすことによって何とか不慮の停電を回避していたものです。

そこで、スマートグリッドを導入することによって限られた供給能力でも自動的に需給バランスを調整し、 効率よく電気を利用することが可能になるとされています。

スマートグリッドを活用し電力需要を適切に制御しながら省エネルギー化を進めていくことが、 電力需要に逼迫している今後の日本では重要と言えるでしょう。

関連用語