産業用太陽光発電用語集

JET認証( - にんしょう)

財団法人電気安全環境研究所(JET)が定めた太陽光パネルの性能や信頼性、安全性の認証試験基準に適合していることを示すもの。

JET認証

この認証に合格している太陽電池モジュールは、JETが定めた性能や信頼性、安全性が確保されていることが保証されるため、ユーザーに対する一つの指標となります。

認証は太陽光パネルの型番ごとに行われます。同じメーカーの太陽光パネルであっても、形状や発電効率などは異なるため、 別モデルとなる場合は改めて認証の試験が必要になります。

認証試験の対象となるのは太陽光パネルだけでなく、太陽光パネルを製造している工場なども試験対象となります。 これは、試験基準に適合する太陽光パネルと同等のものを安定して生産できる体制であるかどうかを確認する必要があるからです。

太陽光パネルが試験をパスしたとしても、それを続けて生産できるものでなければ認証の意味は無くなってしまいます。 こうしたことを防ぐ目的から、初回には品質管理体制などを確認し、その後は年1回の割合で安定生産できていることを定期的に確認します。

国内大手メーカーの製品は、いずれもこのJET認証を取得していると考えてよいでしょう。国や多くの地方自治体の補助金の支給基準では、このJET認証を受けた製品であることが定められています。

関連用語