産業用太陽光発電用語集

CSR(企業の社会的責任)

企業が事業活動において利益を優先するだけでなく、様々なステークホルダーとの関係を重視しながら果たす社会的責任のこと。

CSR

近年、社会を活動基盤とする企業は様々な局面で「CSR(企業の社会的責任)」を強く求められるようになっています。

CSR活動とは、自社の利益を追求するだけではなく、社会と関わっていく中で社会的公正性や倫理性、 環境への配慮などに取り組むことによって、持続可能な社会・未来を築いていく活動を指します。

しばしば利益を目的としない慈善事業と混同されることがありますが、CSRとはあくまで社会的存在としての企業が、ステークホルダーから、或いは社会から自発的に行動するよう求められるものです。

環境保全活動の一環として産業用太陽光発電システムを導入することは、CSRを果たす上で非常に有効であると言えるでしょう。 適切なアピールを行うことで、企業ブランドの向上やイメージアップといったステークホルダーからの評価に結びつけることが期待できます。

関連用語