産業用太陽光発電用語集

日射量(にっしゃりょう)

太陽からの放射エネルギー量を測ったもの。

日射量

産業用太陽光発電を行うにあたって、まず調査しておきたいのが設置環境の日射条件です。太陽光発電の性質上、いくらハイスペックなシステムを導入しても、日射条件が十分でなければ発電量もあまり得ることはできません。
日射量と日照時間は比例する傾向にあり、降水量(降雪量)が多い地域では日照時間が短くなる傾向があります。

太陽光発電事業を行うにあたって「システム導入費をいかにして抑えるか」、また「導入費用をどれだけ早く回収するか」ということが重要な要素となってきます。

日射条件が優れていれば、それだけ多くの発電量を期待できるということですから、導入費用の回収期間を早く見積もることが可能となります。 年間を通して晴れ間が少なく、降水量の多い地域でも太陽光発電を行うことは可能ですが、前述した回収期間は通常と比べ長くなることを想定しておかなければなりません。

年平均日射量がわかれば、太陽光発電事業を行う上での収支シミュレーションを行うことが出来ます。以下では、NEDOが提供する太陽光発電導入ガイドブックより、概算年間発電量の求め方を紹介します。

関連用語