産業用太陽光発電用語集

メガソーラー(mega solar)

1メガワット(1,000kW)以上の大規模太陽光発電所の総称。

メガソーラー

現在、地球温暖化対策・原発の安全性などが叫ばれる中、エネルギーの安定供給・確保が世界的に重要な課題とされています。

日本では、2012年7月よりスタートした再生可能エネルギーの「全量買取制度」やグリーン投資減税のプッシュもあり、様々な自治体や企業が続々とメガソーラー事業に参入しています。

これらの制度の後押しは初期投資費用の投資回収効果を高め、あらゆる業種の参入が急増する背景となっていると言えます。

「用途が少なく放置せざるを得ない」、「山間部で利用方法が見当たらない」といった理由で諦めていた遊休地でも、 方角や周囲の環境次第では収益になる可能性があることから、メガソーラーは大変注目を浴びています。

豊富な自然エネルギーを活用し、太陽光発電所事業を運営することは、環境保全を通じた企業の社会貢献に加えて、 地域活性化や市民の環境啓発活動にも発展する可能性を持っていると言えるでしょう。

日本では全国的にメガソーラーの建設ラッシュが相次いでいますが、同時に様々な問題も発生しています。 広大な北海道では、急激にメガソーラーが増加したため、接続数が限界になったエリアも出てきているようです。

経産省は、そういったエリアの発電事業者に対し、無制限で発電抑制を申請できるように省令を発しました。 今後、普及ペースが衰えないまま増加するであろうメガソーラーですが、色々と見直す点も多く出てくると思われます。

関連用語