産業用太陽光発電用語集

モジュール出力保証( - しゅつりょくほしょう)

太陽光パネルの出力性能を一定期間に渡り保証すること。

何らかの原因により太陽光パネルの発電性能が低下した場合には、メーカーの責任で問題のあった太陽光パネルの交換や修理を行います。 市場価格が下がってきているとはいえ、太陽光発電システムは決して安価な物ではありません。10年、20年と長期間付き合い続けていくものですから、本当に大きな故障もなく使えるのかといった不安を抱くのも自然なことです。

モジュール出力保証

保証の内容や期間はメーカーによって様々ですが、通常は保証の対象となる基準値が定められています。 太陽光パネルの公称最大出力値に一定の割合をかけて最大出力下限値を求め、さらにこの最大出力下限値に一定の割合をかけた値が基準値になります。

【公称最大出力×出力下限値=出力保証の基準値】

例えば「最大出力下限値の90%までを10年保証します」とあれば、公称最大出力の90%を「最大出力下限値」とし、さらにその90%を保証の「基準値」とするということです。

この場合は、公称最大出力値に0.9 × 0.9 = 0.81 をかけた値が保証の「基準値」になります。 この保証条件だと、最大出力値100Wの太陽光パネルの保証基準値は100W×0.81=81Wとなり、何らかの原因で出力値が81Wを下回った場合に保証対象になるということです。

関連用語