産業用太陽光発電用語集

架台(かだい)

架台

太陽光パネルを屋根や基礎に固定するための台座や枠のこと。

太陽光発電システムを構成する機器において架台は軽視される傾向にありますが、太陽光発電システムの長期運用を実現するには、 強風や積雪、地震、塩害といったあらゆるリスクを想定して、耐久性、信頼性に優れた製品を選択しなければなりません。

しっかりとした土台を用いることで、稼働後の保守管理費用などへの影響を抑えることが出来ます。

産業用太陽光発電システムでは、基本的に特注品の架台が用いられることが多いため、何よりもベンダーの選定が重要となります。

「陸屋根に設置する場合は吹きさらしにも負けない頑丈な架台を」
「塩害地域では防錆製・防腐性に優れた架台を」
「豪雪地帯では積雪荷重にも耐えられる架台を」
というように、設置するシチュエーションに応じて最適な架台を提案出来るベンダーを選定しましょう。

産業用太陽光発電に用いられる架台の素材として、従来は主にスチールが採用されていましたが、重量や耐腐食性の問題からアルミニウムに主流が移りつつあります。 アルミニウム架台は非常に軽量で施工性に優れているため、本体価格はスチール架台よりも高くなるものの、事業全体の工期や工事費用を大幅に削減することが出来ます。

関連用語