産業用太陽光発電用語集

結晶シリコン型(けっしょう - がた)

結晶シリコン型

結晶シリコンを原材料とするセル及び太陽光パネルのこと。

化合物系や薄膜シリコン型と比べ、出力や変換効率が高いことが特長です。 最もスタンダードな太陽光パネルで、単結晶シリコンを用いるか、または多結晶シリコンを用いるかによって性質が多少異なってきます。

関連用語