産業用太陽光発電用語集

建材一体型(けんざいいったいがた)

太陽光パネルを屋根や外壁と一体化させたもの。
太陽光パネルは、原材料での分類の他に据置型と建材一体型の2種類に大きく分けることが出来ます。

建材一体型

建材一体型太陽光パネルは、パネルを建物の一部として組み込まれるため、主に新築住宅の屋根材やオフィスビルの外壁材、カーポートなどとして用いられる場合が多いでしょう。
太陽光パネルとしての機能だけでなく屋根材や外壁材としての機能も求められるため、防火対策や防風対策などが施されており、据置型よりも多少価格は高くなります。

屋根材として設置する場合は、熱の逃げ場の確保が重要な課題とされており、温度上昇による変換効率の低下は免れないため発電量についても据置型よりは劣ります。

しかし、それらのデメリットを全て払拭するほどの魅力が、建材一体型太陽光パネルにはあります。その最大の魅力は、建材一体型ならではの屋根材・建造物との調和力にあると言えるでしょう。

無骨な外観になることが多い据置型の太陽光パネルとは違い、建材一体型は非常にナチュラルで建造物の意匠性をより一層高いレベルへと引き上げてくれます。事業所などの屋根を葺き替える際には、大いに検討する価値があります。

関連用語