産業用太陽光発電用語集

逆潮流(ぎゃくちょうりゅう)

太陽光発電システムなどの発電設備から、電力会社の電力系統に電気を流すこと。

逆潮流

系統連系を行っている電路において、発電量が自家消費する電力量を上回ると、その電力は電力会社の系統に流れて行きます。

電力会社から需要家側に電気が供給される流れを「潮流」といい、その流れに逆らっていることから逆潮流と呼ばれるようになりました。

自家発電システムから逆潮流した分の電力はやがて他の需要家の元に流れ、供給される仕組みとなっています。(売電)

関連用語