産業用太陽光発電用語集

キロワットアワー(kilo watt hour)

エネルギーの仕事、熱量、電力量を表す単位。(1キロワットアワー = 1,000ワットアワー)

毎月の電気料金はその需要家が消費した電力量から算出されており、ワットアワーは以下の式で求めることが出来ます。

電力量 = 電力(W)× 時間(h)

例として、消費電力200Wのテレビを二時間点けていた場合、400Whの電力を消費したということになります。

キロワットアワー

一般的に産業用太陽光発電システムを導入する際には、固定価格買取制度が適用される20年間においてどれだけの経済的メリットを得られるのかをシミュレーションします。

NEDOが提供する太陽光発電導入ガイドブックによると、年間予想発電量は以下の式で概算することが出来るとされています。

※現在、パワーコンディショナの変換効率は95%程度が平均となっていることや、
 経年劣化による変換効率の低下などが考慮されていないため、あくまで概算の発電量として捉えましょう。

関連用語