産業用太陽光発電用語集

系統(けいとう)

発電・変電・送配電といった電気を生み出し、各家庭や工場といった消費者まで輸送・分配するシステムのこと。 一般的には、電力会社が提供する商用電力網のことを指します。

系統

日本には10の系統があり、各電力会社がそれぞれの発電所や送配電設備をコントロールし、需給バランスを調整するなど、厳しい基準の元で運用しています。
系統の運用には、常に変動する状況に応じた即応性と柔軟性が求められるため、各電力会社は24時間体制で監視し、対応できる体制を整えています。

産業用太陽光発電の分野においても、この系統が大きく関係してきます。 太陽光発電で発電した電力を売電するためには、電力会社の系統へ接続しなければなりません。これを「系統連系」と呼びます。

高圧または特別高圧として系統連系を行う場合は、事前に電力会社と連系協議というものを行う必要があり、これにはかなりの時間と費用が必要となるため、注意が必要です。

また、最近では大規模な太陽光発電所が急増しており、系統への接続量が限界に達している地域では連系を拒否されるといった事案も発生しています。 そういったリスクを避けるためにも、電力会社との連系協議は慎重に行わなければなりません。

関連用語