産業用太陽光発電用語集

グリーン電力証書( - でんりょくしょうしょ)

太陽光発電や風力発電を始めとした、再生可能エネルギー設備で生み出された電力の「環境価値」を取引可能な証書にしたもの、またはそれを用いる制度のこと。

グリーン電力証書

一般的に、グリーン電力とは風力発電、太陽光発電、水力発電、バイオマス発電といった再生可能エネルギーを用いて発電された電力を指し、 それらで発電された電力は、電力としての価値に加えて、二酸化炭素排出量の少ない電力であることの価値(環境付加価値)があると見なされています。

グリーン電力証書はこの価値を市場で取引出来るように証書化したもので、再生可能エネルギー設備の普及を促進する目的で設けられました。 第三者の所有している発電設備が発電した電力量を証書として取引することにより、その電力の需要と供給の辻褄を合致させるというような仕組みになっています。

自家発電設備を持たない人でも、グリーン電力証書を購入することで再生可能エネルギーで発電した電力を消費したものとされ、再生可能エネルギーの普及に貢献することができます。 また、グリーン電力証書の取引実績は宣伝しても良いとされていることから、企業のCSR活動の一環として扱うことも可能です。

発電事業者にとっても、グリーン電力証書を売ることによって新たに収入を得ることになり、その費用を設備メンテナンス費用として充てることが出来るといったメリットが生まれます。

関連用語