産業用太陽光発電用語集

工事計画(こうじけいかく)

2メガワット以上のメガソーラーを建設する場合は、電気事業法第48条により、建設する地域の産業保安監督部に工事計画届出書を提出しなければなりません。

工事計画

原則として、一体と見なされる土地に2つの発電設備が隣接(接近)してあり、同一の設置者が一体的に管理する場合は一つの土地として見なされるため、 3メガワットのメガソーラーを1.5メガワットずつに分けて2つの発電所として建設する場合にも、工事計画届出書の提出は必要です。

これらの発電所は、工事計画届出書を提出してから30日間が経過した後でないと着工できないため、事前相談はなるべく早いタイミングで行うことが重要です。 また、事業スケジュールを組む際にもこの事を考慮しなければならないため、注意しましょう。

関連用語