産業用太陽光発電用語集

交流(こうりゅう)

交流

時間とともに周期的に大きさと向きが変化する電流のこと。

一口に電気といっても、「直流」と「交流」でその性質は大きく異なります。直流は乾電池のように電圧が一定ですが、これに対して交流は時間とともに一定周期で電圧が変動します。

交流は主に発電所から変電所、変電所から各需要家の元に送電する際に利用されますが、これは変圧が容易で電力に汎用性を持たすことができることが理由とされています。

交流で送電することにより、発電所からは50万ボルト近く、変電所から住宅付近までは6,600ボルト、 電柱から各需要家までは100V/200Vと自在に電圧を調整することが可能となっています。

ちなみに、太陽光パネルが発電する電気は直流なため、電気機器に利用する又は電力を送り出すためには交流に変換する必要がありますが、この役割を担っているのがパワーコンディショナー(インバーター)です。

関連用語