産業用太陽光発電用語集

薄膜型(はくまくがた)

ガラス基盤に直接シリコンの膜を蒸着させる方法で、シリコン使用量を減らした太陽電池のこと。

薄膜型

薄膜型は、必要な資源が少ないため製造が容易なこと、優れた温度係数を誇るため高温下でも出力が落ちにくいこと、また陰に強いことが特長として挙げられます。

結晶シリコン型に比べると、出力や変換効率の面では大きく劣るものの、これらの特長から産業用太陽光パネルへの応用が推進されています。

関連用語