産業用太陽光発電用語集

パワーコンディショナ変換効率

パワーコンディショナを使って直流電力を交流電力に変換する際に、変換する電力のうち何%をロスなく変換できたかを表す値のこと。

パワーコンディショナ変換効率

例として、変換効率が95%のパワーコンディショナでは、発電された直流電力の5%が変換で失われることになります。 したがって、発電した電力を効率よく利用するには、変換効率の高いパワーコンディショナを選択する必要があります。

太陽光パネルは、太陽の光エネルギーを受けることによって電気エネルギーを発生させます。このときに発生する電気は直流で、このままでは家庭内および建物内で使用することができません。 その際に直流電力を交流電力に変換する役割を担うのがパワーコンディショナーです。

現在、国産品でもっとも高い変換効率を示しているのは三菱製のパワーコンディショナで、97.5%といわれています。

関連用語