産業用太陽光発電用語集

ホットスポット(hot spot)

太陽光パネル内に大きな抵抗がかかり、その部分が熱を持つ現象のこと。
短時間の発熱であれば大きな問題とはならないものの、長時間ホットスポットのある状態が続くとセルの破損や発火といったことなどが起こる恐れがあります。

ホットスポット

結晶シリコン型太陽光パネルの多くは、セル間・ストリング間を直列で接続しているため、パネルの一部が完全に影に覆われた場合、そのパネルは抵抗体となります。 抵抗が大きくなることでホットスポット現象を引き起こしやすくなる他、太陽光発電システム全体の発電量低下ということに繋がる可能性もあると言えるでしょう。

ホットスポットの主な原因とされているものには、ハンダ不良などによるセルの破損、鳥のフン、落ち葉やその他こびりついた汚れなどがあります。

ホットスポットの危険性を減少させるためには、セルの耐電圧を下げ発熱の最高到達点を下げる、バイパスダイオードを用いるといった対策が必要となりますが、これは同時に出力のパフォーマンスを下げることにも繋がると言われています。

多くの太陽光パネルメーカーではPID耐性試験に加え逆流電流を流すなどしてホットスポット耐性を試験し、その試験に合格した製品だけを出荷するなどの手段をとっています。

関連用語