産業用太陽光発電用語集

HIT太陽電池(ひっとたいようでんち)

パナソニック独自の技術で、単結晶シリコンとアモルファスシリコンを組み合わせた太陽電池のこと。HITは「Heterojunction with Intrinsic Thin-layer」の略。

HIT

ハイブリッド型太陽電池とも呼ばれ、住宅用太陽電池として世界トップレベルの変換効率を達成しています。

同面積、同日射条件下では変換効率の高い太陽電池の方がより多く発電することが出来るため、少ない設置枚数で多くの電気を作ることが可能になります。

住宅用太陽光発電の分野では、狭い屋根でより多くの発電量を得るために変換効率の高い太陽光パネルが選択される傾向があり、実際に住宅用シェアの大半はパナソニックが占めています。

変換効率の高さ以外にもいくつかの特長があります。結晶シリコン系太陽光パネルは、パネル本体が高温に達すると電圧が低下し、変換効率が低下するという特徴がある一方で、 HIT太陽電池は単結晶シリコンにバンドギャップの大きいアモルファスシリコンを組み合わせることによって、高温時でも電圧降下の影響を受けずに安定したパフォーマンスを発揮することが可能とされています。

関連用語