産業用太陽光発電用語集

ウェハ(wafer)

純度の高いシリコンを一度溶かし、冷やして固めたインゴット(塊)を薄く切って板状にしたもの。

ウェハ

ウェハの直径は50mmから300mmまでいくつかあり、この径が大きいと1枚のウェハから多くのICチップを切り出せるため、技術革新に伴い、年々大きくなってきています。 2000年ごろから直径300mmのシリコンウェハが実用化され、2004年にはシリコンウェハ生産数量の20%を占めたと言われています。

太陽光パネルの表面を観察してみると、太陽光パネルによって八角形のセルと正方形のセルが用いられていることが窺えますが、 これは多結晶シリコンのインゴットは正方形、単結晶シリコンのインゴットは円筒状となっており、ウェハとしてスライスされる際の形状が異なることが理由とされています。

製造されたウェハにpn層を形成して電極を形成したものが「セル」となり、それを複数接続することで太陽光パネルが作られます。

関連用語