産業用太陽光発電用語集

塩害(えんがい)

沿岸部の地域において多く発生する、農作物やその他の植物や電気設備、鉄、コンクリート構造の施設などが塩分によって受ける害の総称。

塩害

海上の波頭が砕けることで塩水滴が空中に飛び出し、強風で陸上に運ばれることによって起こるとされています。

沖縄などでは、降雨の少ない風台風で農作物が塩風害を受けるため、島のまわりに防潮林が植えられるといった対策が講じられています。

太陽光発電システムを導入する場合においても、海岸線から遠い地域の場合は問題ありませんが、海岸から近い地域の場合は注意が必要です。

塩害地域は海岸線からの距離によって、直接波しぶきがあたる岩礁隣接地域、海岸から500m以内の重塩害地域、 海岸から1~7kmの塩害地域というように分類されており、各太陽光発電メーカーによって設置基準が設けられています。

メガソーラーの建設地として採用されることの多い沿岸の埋立地などでは、高確率で塩害問題が生じる可能性があると言われており、 これら地域においては発電施設の稼動についてメーカー側の保証が得られないこともあるでしょう。

沿岸部で太陽光発電を行う場合は、防錆・防食等の対策を講じる必要があり、具体的な対策方法として、塩害やPID耐性に優れた太陽光パネルを選ぶ、 架台を置く鉄筋コンクリートの基礎を通常よりも厚くする、キュービクルやパワーコンディショナはシェルターで覆うといったことが挙げられます。

関連用語