産業用太陽光発電用語集

インバーター(inverter)

直流電力を交流電力に逆変換する電源回路、またはその回路を持つ電力変換装置のこと。
一口にインバーターといっても、インバーターの応用範囲は非常に幅広いため、それぞれの分野におけるインバータ回路と他の用途におけるインバーター回路は全く異なるものになります。

インバーター

一般的には、太陽光発電システムで用いられるパワーコンディショナへの応用が知られています。

太陽光パネルによって発電された電気は直流であるため、家庭内で電気を使用したり、送電網に電気を送り出すためには交流に変換しなければなりません。その役割を担うのがパワーコンディショナです。

一般にインバータと呼ばれるものと太陽光発電システムに用いられるパワーコンディショナの大きな違いは、入力される電力の制御方法にあります。

インバータは負荷に合わせて出力を調整する仕組みになっている一方で、パワーコンディショナはパネルから供給される電力の全てを変換する仕組みになっています。

また、パワーコンディショナはインバータの前段に出力を昇圧し、電圧を安定化する回路が設けられており、より多くの電力量を得られるように変換効率がインバータよりも大幅にアップされていることも大きな違いと言えるでしょう。

関連用語