産業用太陽光発電用語集

エネルギーペイバックタイム(EPT)

エネルギーペイバックタイム

エネルギーを生産する設備の生産する際に用いられたのと同量のエネルギーの消費を、その設備によって得たエネルギーによって回避出来るまでの運転期間のこと。

エネルギーペイバックタイムが短いほど環境に優しく、効率的にエネルギーを活用できる設備であると言えるでしょう。

太陽光発電は、発電時に特定のエネルギーを必要とせず、有害ガスやCO2の排出を伴わないクリーンな発電方法とされていますが、当然のことながら製造時には一定量のエネルギーが必要となります。 太陽光発電システムのエネルギーペイバックタイムは、製造から廃棄(ライフサイクル)までに必要な投入エネルギーを年間発電量で割ることによって求めることが出来ます。

ライフサイクルを通して投入されるエネルギー ÷ 1年間に生産されるエネルギー

産業技術総合開発機構(NEDO)によると、太陽光パネルのエネルギーペイバックは太陽光パネルの種類や生産規模によって異なるとされており、多結晶シリコンで1.5年、アモルファスシリコンで1.1年、 化合物薄膜(CIS)で0.9年、CO2PTについては、多結晶シリコンで2.4年、アモルファスシリコンで1.5年、化合物薄膜(CIS)で1.4年となっています。

関連用語