産業用太陽光発電用語集

アモルファスシリコン(amorphous silicon)

アモルファスシリコン

ケイ素を主体とする非晶質半導体のこと。

アモルファスシリコンは、製法や組成によって電気的・光学的に大きく性質を変化させることが可能なため、液晶パネルの薄膜トランジスタや、ガラスやプラスチック上への半導体素子の形成などにおいて広く応用されています。

太陽光パネルにおいても利用されており、結晶シリコン系に比較すると、エネルギーギャップ(*1)が大きいため影に強いこと、光吸収係数が高いこと、低コストで製造が容易な事が挙げられます。 以前までは紫外線による劣化や変換効率の低さが問題視されていましたが、技術の進歩によって改善されつつあります。

関連用語