産業用太陽光発電基礎知識

産業用太陽光発電の仕組み

20世紀末より、地球温暖化や化石燃料の枯渇といった問題が年々深刻化しており、エネルギーの安全・安定供給が世界的に大きな課題となっています。

そのような背景から、再生可能エネルギーを利用する動きが活発化している昨今、尽きる事のない太陽光エネルギーを用いて電力を生み出す太陽光発電には特に大きな関心が寄せられていると言えるでしょう。

太陽光発電は二酸化炭素の排出や燃焼を伴わない非常にクリーンで安全な発電方法であると同時に、比較的導入しやすいことや確実に採算が見込めることから、近年急速に普及が拡大しています。 2012年よりスタートした固定価格買取制度をはじめ、グリーン投資減税や補助金制度といった各種法制度の整備も進んでおり、数年前と比較すると導入のハードルは随分と低くなりました。

ここでは、産業用太陽光発電システムを導入するにあたって、押さえておきたい基礎知識をわかりやすいイラストと文章で解説していきます。

産業用太陽光発電とは

産業用太陽光発電の導入について

産業用太陽光発電に関する適用制度