太陽光発電ニュース

2013年01月22日

太陽光発電の買い取り価格値下げへ…来年度分

一覧へ
 経済産業省は21日、再生可能エネルギーで発電した電力を電力会社が固定価格で買い取る制度で、2013年度の太陽光発電の価格を今年度の1キロ・ワット時当たり42円から37~38円程度に引き下げる方向で検討に入った。

 価格算定の根拠となる発電設備費用が1割程度下がっているためだ。有識者会議の検証を経て今年度中に具体的な価格を決める。

 経産省資源エネルギー庁の幹部は21日、太陽光発電の買い取り価格について「37~38円を中心に、技術的に絞られるのではないか」との見通しを示した。買い取り期間は今年度と同様、最長20年となる見込みだ。茂木経産相は21日に都内で記者会見し、「太陽光の発電設備は相当程度下がってきている。おそらく30円台後半に引き下げることができると思う」と述べた。

(記事:読売新聞)