太陽光発電ニュース

2013年01月08日

益田建設、大容量太陽光発電搭載したNZH開発

一覧へ
益田建設(埼玉県八潮市)は、大出力の太陽光発電+高断熱+省エネ機器の組み合わせにより、1次エネルギー消費量が発電エネルギー量を下回るネット・ゼロ・エネルギーハウス(=NZH)「CoLo One」を開発。2013年1月10日、同社が展開するイデアホームと首都圏住宅コープから販売する。「CoLo One」は南面に大きな屋根を採用し、再生可能エネルギーの固定価格買取制度に対応する9.7~20kWの太陽光発電システムを搭載。屋根直下には現場発泡ウレタン300ミリ、外壁には外張り+充填のダブル断熱によりEPSを計170ミリ施工。窓にはトリプルガラス・ダブルLow-E樹脂サッシ+断熱ブラインドを採用し、熱貫流率(U値)0.95を実現している。
(記事:新建ハウジングニュース)