太陽光発電ニュース

2017年01月27日

パナソニック、架台一体型屋根システム「HITルーフ」を全国発売

一覧へ
パナソニック株式会社エコソリューションズ社は、太陽電池モジュールHIT(R)(※)専用「機能屋根システム」を独自の耐震住宅工法「テクノストラクチャー」採用住宅の専用製品として2013年6月から限定販売してきました。以降、お客様との意見交換を繰り返し「積雪対応エリアの拡大、採用可能な屋根バリエーションの追加、外観デザイン・施工性の向上を目的とした設計改良」を推進し、合計で464棟(2016年12月末時点)の販売・施工・品質実績を積み重ねました。そしてこの度、商品名を架台一体型屋根システム「HITルーフ」に変更し、2017年2月1日より本格的に全国一般販売を開始すると発表しました。

「HITルーフ」は、穴あけなしで簡単に太陽光発電システムの設置が可能で、限られた屋根スペースを有効活用できるのが特長です。また、屋根面だけでなく屋根まわりを含めた屋根全体に一体感を与える美しい外観デザインを作り上げることができます。

<特長>
1. 限られた屋根スペースをムダなく有効活用
2. 屋根に穴をあけずに太陽電池モジュールHIT(R)が取り付け可能
3. 住宅の外観デザインをシンプルかつスマートに

※ HIT(R)はパナソニックグループの登録商標です。
【商品名】HITルーフ
【販売地域】積雪200cm以内の全国地域(沖縄・離島を除く)
【希望小売価格(参考)】721,000円
(片流れ屋根ー屋根面積60平方メートル、税・太陽光発電システム・工事費別)
【発売日】2017年2月1日

(プレスリリース)
パナソニック株式会社
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2017/01/jn170126-2/jn170126-2.html