太陽光発電ニュース

2016年08月16日

大和ハウス、「セキュレア豊田柿本」まちびらきセレモニー開催

一覧へ
大和ハウス工業豊田支店は、愛知県豊田市柿本町において戸建分譲地「セキュレア豊田柿本」を開発・建築中ですが、2016年8月6日からのモデルハウスの一般公開に先立ち、8月5日にまちびらきセレモニーを執り行うと発表しました。

「セキュレア豊田柿本」は、豊田市が2015年2月に行った「市有地売却に係るプロポーザル」に応募し、同社が買受人に選定され、同年3月に豊田市と不動産売買契約を締結後、戸建分譲地として開発し、2016年3月より販売。豊田市は2009年1月、内閣府より「環境モデル都市」の認定を受け、家庭や地域全体のエネルギー利用の最適化を推進していますが、当住宅地でも、エネルギーを無理なく・無駄なく・快適に使用することができる仕組みを取り入れ、まちのCO2排出量削減とエネルギーのピークシフト・ピークカットを実現するスマートタウンを目指すこととなりました。

「セキュレア豊田柿本」は、中部エリア初となる戸建住宅間の「電力の融通」を導入。また、全戸に太陽電池と家庭用リチウムイオン蓄電池(6.2kWh)を組み合わせたハイブリッドシステム、HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)を導入するとともに、まち全体のエネルギーの見える化システム「SMA×ECO クラウド」や調整池の上部に太陽光発電システムを導入することで、ネット・ゼロ・エネルギー・タウンを実現するとしています。

さらに、大容量の太陽電池と家庭用リチウムイオン蓄電池、床下熱交換システム、高断熱仕様などを採用した「エネルギー自給モデルハウス」を1年間一般公開し、住宅性能や設備仕様に加え、エコなライフスタイルについても提案し、エネルギー自給住宅の普及を目指す意向です。

(プレスリリース)
大和ハウス工業
http://www.daiwahouse.co.jp/bunjo/chubu/aichi/20160408/