太陽光発電ニュース

2016年06月24日

ハンファQセルズ多結晶太陽電池モジュールの変換効率で世界新記録を樹立

一覧へ
ハンファQセルズ株式会社は、第三者機関であるフラウンホーファー研究機構ISE研究所(Fraunhofer ISE CalLab)で、モジュール変換効率19.5%、出力301Wという性能が認定され、多結晶太陽電池モジュールのプロトタイプにおいて世界新記録を樹立したことを発表しました。
この記録は、太陽光発電の科学誌“Progress in Photovoltaics: Research and Applications”2016年6月公表のEfficiency Tablesで取り上げられました。

この記録により、業界ではじめて1670 x 1000 ㎟の多結晶モジュールが300Wの壁を突破。今回、この世界新記録を達成したモジュールは、ハンファQセルズ独自の先進的なQ.ANTUM技術を用いたセルを使い、その性能を最大限に引き出す太陽電池モジュール技術も織り込まれています。

新記録を更新したプロトタイプは、ハンファQセルズの技術本社であるドイツ・タールハイムの研究所で開発された4本バスバーの高効率多結晶Q.ANTUMセルが使用されています。セルとモジュールは、量産用の設備を使い、標準的なプロセスで生産されました。また、モジュールは現行のQセルズの60直モジュールと同じサイズ(1670 x 1000㎟)で、Qセルズの量産品と同等の材料と部材が使用されています。

(プレスリリース)
ハンファQセルズ
https://www.q-cells.com