太陽光発電ニュース

2016年04月06日

シャープ、住宅用「クラウド蓄電池システム」を発売

一覧へ
シャープ株式会社は、同社製のクラウドHEMSと組み合わせることで、電気の使用状況や天候に応じて最適なエネルギーマネジメントができる住宅用「クラウド蓄電池システム」の新製品を発売すると発表しました。リチウムイオン蓄電池は、コンパクトな4.2kWhタイプJH-WB1621と大容量の8.4kWhタイプJH-WB1622の2機種。

JH-WB1621は、従来機から体積比約34%の小型化を実現。横幅を50cmに抑え、スペースが限られた住宅にも設置しやすい仕様となっています。

JH-WB1622は、横幅70cmのコンパクトなボディながら8.4kWhと大容量化。従来機では、大容量化を図るため蓄電池が2台必要だったが、同機は1台ですっきりと設置可能。電力をたくさん使う家庭での普段使いはもちろん、万が一の停電 時にも安心できます。また、蓄電池と太陽光発電システムを1台で制御できるハイブリッドパワーコンディショナの新製品JH-42GM2P/JH- 55GM3Pと組み合わせることで、さらなる省スペース設置が可能となっています。

加えて、従来機比約1.5倍の長寿命設計により、約12,000回(従来機は約8,000回)の充放電を繰り返しても初期の約70%の容量を維持できるとしています。

電力の小売全面自由化のスタートに加え、ZEH(ゼロエネルギーハウス)や太陽光発電の自家消費時代の到来に向け、賢く電気を使いたいというニーズが高まる中、蓄電池のさらなる普及が見込まれる見通しです。

同社は、太陽光発電システムや蓄電池などの「創エネ/蓄エネ機器」 とエアコンや冷蔵庫などの家電製品を連携させ、家全体で電気を賢く制御することにより、省エネで快適な暮らしを実現するエネルギーソリューションを提供していくとしています。

(プレスリリース)
シャープ株式会社
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/160404-a.html