太陽光発電ニュース

2016年03月03日

NTTスマイルエナジーが「“エコめがね”for O&M」サービス開始

一覧へ
株式会社NTTスマイルエナジーは、 “エコめがね”全量モバイルパックに、初期費用が無料の“エコめがね”for O&Mを、3月2日から3月4日まで東京ビッグサイトにて開催されるスマートグリッドEXPO2016に出展するとともに、同日よりサービス開始することを発表しました。

同社は、住宅及び50kW未満の低圧全量買取設備向けに、いつでもどこからでも、発電状況の確認が可能な太陽光発電遠隔監視サービス“エコめがね”を販売してきました。“エコめがね”は、施主だけではなく、販売会社もメンテナンスのための発電状況を確認できることで導入が進み、全体では800メガワット以上の太陽光発電設備に導入され低圧全量買取設備においてシェアを伸ばしています。

固定価格買取制度導入以降、遠隔監視サービスを付帯した設備の提案を受ける機会が徐々に増え、その導入量が増えてきましたが、発電設備設置時に導入検討の機会が無かった設備も多く、追加で遠隔監視サービスを導入する際には、初期導入費を一括で支払わなければならないことが課題となっていました。そのため、市場全体では7割の発電設備に遠隔監視サービスが未導入と言われており、設備の安定稼働における大きな課題となっています。

太陽光発電システムでは、天候要因など故障に至らなくとも発電が停止する事態は多く発生します。遠隔監視サービスが未導入の設備では、後日送付される明細や定期点検により異常を検知することになり、発電機会損失の長期化を招く恐れがあります。
販売会社にとっては、施主よりも先に異常を検知することによる能動的対応がしづらいため、対応にかかった費用を無償とせざるをえない状況につながっており、将来にわたってこのような状態が発生し続けることは、O&Mサービスを継続するためのリスクとなっています。

“エコめがね” for O&Mは、既に運転を開始している発電設備に対しても初期導入コストを抑えながらメンテナンスサービスの提供を容易にする新しいサービス。NTTスマイルエナジーから販売会社に“エコめがね”をレンタルで提供することにより、“エコめがね”を販売会社の様々なO&Mサービスに組み込んで、有償O&Mサービスとして長期間提供することを支援します。
施主においては、発電設備故障等による発電ロスを最小限に抑えることが可能となり、結果的には投資回収期間短縮につなげることが可能になります。

-----
【商品ラインナップ】
“エコめがねfor O&M”のレンタルラインナップは下記のとおり。

◎エコめがね全量モバイルパック20k(出力20kW未満の設備向け)
◎エコめがね全量モバイルパック40k(出力40kW未満の設備向け)
◎エコめがね全量モバイルパック60k(出力60kW未満の設備向け)
◎エコめがね全量モバイルパックRS(パワコン接続タイプ)

【費用・ご利用期間】
・月額のレンタル費用を“エコめがね”販売会社様にお支払い頂きます。
・ご利用期間1カ月ごとの更新で最大10年間ご利用いただけます。
・最低利用期間が1カ月のAプランと、2年のBプランをご用意しております。

“エコめがねfor O&M”のレンタルラインナップは、4月からの出荷が予定されています。

(プレスリリース)
株式会社NTTスマイルエナジー
http://nttse.com